開館25周年記念

作品紹介

2.風景版画の大成 北斎『冨嶽三十六景』と広重『東海道五拾三次』

風景画の大成を告げるふたつの金字塔的作品を展観します。
誰もが知っている北斎と広重の名作を心ゆくまでご堪能下さい。
随時展示替えをおこない、二大浮世絵師の傑作の全貌をご覧いただきます。

葛飾北斎『冨嶽三十六景』より「神奈川沖浪裏」
葛飾北斎『冨嶽三十六景』より「神奈川沖浪裏」
文政(1818~30)末期  木版
※全期間出品(図版は山口県立萩美術館・浦上記念館蔵、後期出品)
歌川広重『東海道五拾三次』より「庄野白雨」
歌川広重『東海道五拾三次』より「庄野 白雨」
天保4~7年(1833~36)頃  木版
※全期間出品(図版は町田市立国際版画美術館蔵、前期出品)
葛飾北斎『冨嶽三十六景』より「山下白雨」
葛飾北斎『冨嶽三十六景』より「山下白雨」
文政(1818~30)末期  木版
※全期間出品(図版は山口県立萩美術館・浦上記念館蔵、前期出品)